HOME > コース案内 >

【CAD・製図講座】

CAD

CAD・製図

CADは工業製品の設計や建築・空間デザインに欠かせない技術です。開発から設計、製造、テストなどの一連の工程をコンピュータで管理する中で、CADは最初の「設計」を担います。また、建築・空間デザインではCADで作ったデータを利用し立体物をモデリング、完成イメージCGなどの作成にも利用されています。マチスはCADソフトの習得はもちろん多くの作図練習や製図知識を身につける実践派のCADスクールです。

コースと受講料

機械2D-CAD

機械図面を読み書きするための製図知識や、AutoCADを使ったCADオペレーションを基本から学習します。

AutoCAD(機械)講座案内

建築2D-CAD

建築・土木図面を作成するための2次元CADオペレーションを習得します。また、意匠図や施工図などの作成も学習します。

AutoCAD(建築)講座案内


機械2D-CAD

ハイエンド3D-CADの、SolidWorksのオペレーションを学び、高度な3次元デザインを身につけます。

SolidWork講座案内


 

エレメント

 

CADオペレータの役割

CAD(Computer Aided Design:コンピュータ支援設計)とはコンピュータを利用し設計を行っていくことを意味し、紙の図面よりも設計データの修正や共有、保管などが容易なことから、建築、電気設備、機械、自動車など様々な分野で利用されています。
CADオペレータの基本的な仕事は、設計士が行ったデザインをCADソフトを操作しコンピュータ上に複写・入力していくことです。
また、近年のハイエンドCADソフトには図面の作成以外にも、シミュレーションや、レンダリングなどの高度な機能が搭載されており、これらを使いこなせるハイレベルなオペレーターが求められてきています。

どのCADソフトを学ぶ?

CADソフトの利用は業種や会社によって様々なため、どのCADソフトを学んでいくかは、将来の目的、就職先の希望などで選ぶことになります。
汎用的なAutoCAD、、機械系の3D-CADとしてはSolidWorks、が高いシェアを持っています。
コース選びに迷った場合は、無料体験へお越しください。それぞれのCADソフトを体験しながら詳しい説明やご相談をさせていただきます。

 



このページのトップへ戻る